営業改革シリーズ Vol.3 商談フェーズの設計をしよう[SM3]

ABOUT

売上の構成は「商談数 ✕ 勝率 ✕ 商談単価」ですが、最も営業としての差が現れるのは「勝率」です。強い営業組織には売れるための商談の進め方を定義した”教科書”があります。商談フェーズはその教科書に該当するものですが、多くの企業はうまく定義ができていません。このセミナーでは、専用のワークシートを使って商談マネジメントの肝となる「商談フェーズ」の設計方法をご紹介しています。

▼関連資料
投影スライド
https://sfdc.co/SP_Vol3

ワークシート
https://sfdc.co/Sales_Process_Worksheet

商談フェーズ定義のサンプル
https://sfdc.co/SalesProcess_Sample